助成金のご案内
 公益社団法人長野県トラック協会は、トラック運送事業者の円滑な事業活動を支援し、法令順守、交通事故防止対策及び環境対策を強化するため、下記のとおり助成事業を実施しています。多数の皆様にご利用頂きますようご案内致します。
                                    問合せ先:助成金担当 篠田 TEL.026-254-5151

助成金申請に係る注意事項について(必読)

1.過年度会計となる場合は助成金をお支払いできません!
 運輸事業振興助成補助金を原資とする各種助成金には様々な制限が設けられておりますが、特にご注意いただきたいのは、過年度会計(支出)が原則的に認められていない点であります。
 即ち助成を受けるに至った各種事業=導入(装着等)及び代金の支払いが同一会計年度に終了している必要があります。
 近年、年度跨ぎとなり助成できないケース(3月に自動車学校に受講料を払込み、4月に免許取得したケース(事前申込無し)、3月に安全装置等の代金の払込みをし、4月に装着したケース)が散見されておりますので、ご注意願います。

2.事前申込の確認と徹底!
 当協会の実施する各種の助成は、原則として事後申請として事業終了後に交付申請をいただいておりますが、下記の項目につきましては要綱に定めたとおり必ず事前に申込手続きをされますようお願いします。(事前申込がなく、事後交付申請書を提出いたただいた場合は、助成金のお支払ができないことがあります)
 (1)免許取得促進助成  
 (2)中小企業大学校受講促進助成 
 (3)経営診断受診促進助成 
 (4)低公害車(ハイブリッド車・CNG車)導入促進助成 
 (5)ドライバー等安全教育訓練促進助成 
 (6)睡眠時無呼吸症候群(SAS)スクリーニング検査助成 

3.領収書の入金内訳欄の記載に注意
 
前述したとおり、運輸事業振興助成補助金を原資とする各種助成金の支出については、毎年長野県交通政策課による監査を受けておりますが、本年の監査において、「1千万円を超える代金の支払いが"現金"となっている領収書の実態」を疑問視されました。
 そこで、ディーラー各社には、代金の支払い実態に即した領収書の発行=代金決済が銀行振り込みで行われている場合は、領収書の入金内訳欄に振込と記載する=について文書で依頼いたしたところであります。
 交付金の申請時には領収書の写しが必要となりますが、
支払い形態と記載方法が一致しているか領収書の内容を再確認のうえ提出願います。
                                                   本件に関するお問合せ
                                                      篠田 (☎026-254-5151)



◆各種助成要綱の一部改正について◆ 
  当協会においては、交通事故防止、環境対策等を通じて、貨物運送事業者の支援を図るため、各種の助成・
補助事業を実施しております。
 これらの助成事業の公正、適正化を強化するために、今般、全助成要綱に下記のとおり条項を追加することと
致しました。
 各種の助成金・補助金申請する場合は、法令順守はもとより、真正なる手続を履行されるよう徹底願います。
 【追加条項】
 (助成金申請に関する調査協力義務)
   助成金の交付を受けた会員は、県ト協から要請があった場合には、当該申請に係る添付書類原本及び
   関係帳簿等を開示しなければならない。
 (助成金の返還)
   県ト協は、次の各号のいずれかに該当する場合は、既に交付した助成金の全部若しくは一部の返納を
   命じることができる。
    (1)この要綱その他県ト協が定める事項に違反したとき
    (2)虚偽その他不正な手段により助成金の交付を受けたとき


平成28年度各種助成金一覧

 1.運転者適性診断費助成金  12.EMS機器等導入促進助成金
 2.運行管理者講習費・整備管理者研修費助成金  13.交通環境改善事業認証取得助成金
 3.安全装置等導入促進助成金  14.エコタイヤ等装着助成金
 4.ASV装置等導入促進助成金  15.信用保証協会保証料助成金
 5.睡眠時無呼吸症候群(SAS)スクリーニング検査助成金  16.免許取得促進助成金 
 6.運転記録証明書(SDカード)取得助成金  17.フォークリフト運転技能講習費助成金 
 7.ドライブレコーダ機器導入促進助成金  18.近代化基金融資(利子補給・会員限定)
 8.ドライバー等安全教育訓練促進助成金  19.自家用燃料供給施設整備支援事業助成金
 9.アルコール検知器導入助成金  20.低公害車導入促進助成金
 10.衝突防止警報装置導入促進助成金  21.会員外に対する助成金
 11.アイドリングストップ支援機器導入促進助成金  22.ETC2.0車載器購入助成金
   23.健康診断受診費用助成金


****** 詳細は各交付要綱をご覧下さい。(文書名をクリックするとPDFファイルが開きます。) *****

 1.運転者適性診断費助成金
助成内容 交通事故の未然防止のため、自動車事故対策機構等が実施する運転者適性診断を受診する場合に、その診断費を助成します。
実施案内 運転者適性診断費助成金交付要綱
助 成 額 一般診断    1,800円(県ト協助成金)
初任・適齢診断 4,700円(県ト協助成金)
 このページのトップへ
 2.運行管理者講習費・整備管理者研修費助成金
助成内容 交通事故防止及び安全運行の観点から、運行管理者講習並びに整備管理者研修の受講費用に係る費用を助成します。
実施案内 運行管理者講習費・整備管理者研修費助成金交付要綱
助 成 額 (1)運行管理者講習
 一般講習 3,100円(県ト協助成金)
 基礎講習 8,700円(県ト協助成金)
 (県内営業所に所属する運行管理者(予定者)、補助者)
(2)整備管理者研修
 800円(県ト協助成金)
 (県内営業所に所属する運行管理者(予定者)、補助者)
このページのトップへ 
 3.安全装置等導入促進助成金 
助成内容 事業用トラックの交通事故ゼロを目指すため、安全装置等を新たに装着した場合に助
成します。
実施案内 安全装置等導入促進助成金交付要綱 
助 成 額 (1)後方視野確認支援装置
 全ト協助成金 10,000円  県ト協助成金 20,000円
(2)呼気吸込み式式インターロック装置
 全ト協助成金 10,000円  県ト協助成金 20,000円
(3)IT点呼時に使用する携帯型アルコール検知器(Gマーク事業所限定)
 全ト協助成金 10,000円  県ト協助成金 20,000円
対象機器 対象装置一覧
申請書類 安全装置等導入促進助成金交付申請書
 このページのトップへ
 4.ASV装置導入促進助成金
 助成内容 ASV装置(車両総重量8トン以上の事業用貨物自動車に係る衝突被害軽減ブレーキ、ふらつき注意喚起装置、車線逸脱警報装置及び車両横滑り時制動力・駆動力制御装置)を装着した場合に係る費用の一部を助成します。
実施案内 ASV装置導入促進助成金交付要綱
助 成 額 ASV装置の取得価格(消費税を除く)の4分の1、一車両当り上限50,000円(県ト協
助成金)
申請書類 ASV装置導入促進助成金交付申請書
 このページのトップへ
 5.睡眠時無呼吸症候群スクリーニング検査助成金
 助成内容 県内営業所のトラックドライバーに対する「睡眠時無呼吸症候群」のスクリーニング検査の促進を図るために、同検査に係る費用の一部を助成します。 
実施案内  睡眠時無呼吸症候群スクリーニング検査助成金交付要綱 
 助 成 額 第二次検査を終了した場合
 全ト協助成金 2,500円  県ト協助成金 1,000円 
 申請書類 トラック運転者等の睡眠時無呼吸症候群スクリーニング検査助成金申請書
 このページのトップへ
 6.運転記録証明書取得助成金
助成内容 長野県内に営業所を有する会員事業者が雇用するドライバー等の適正な管理を通じ、交通事故防止に資するため、自動車交通安全センターが発行する運転記録証明書(SDカード)の発行手数料を助成します。 
実施案内 運転記録証明書取得助成金交付要綱
助 成 額 一通当り 630円
 ・一人年1回
 ・協会会費対象車両台数の150%以内
申請書類 運転記録証明書(一括)交付申請書
 このページのトップへ
 7.ドライブレコーダ機器導入促進助成金 
助成内容 事故や急加速・急減速などの一定の衝撃が生じた際、その前後の映像や走行データを記録するシステムの普及を促進し、交通事故防止を図るため、ドライブレコーダ機器を新たに装着した場合に、その費用の一部を助成します。
 実施案内 ドライブレコーダ機器導入促進助成金交付要綱
助 成 額 (1)標準型
 全ト協助成金 10,000円  県ト協助成金 10,000円
(2)運行管理連携型
 全ト協助成金 20,000円  県ト協助成金 20,000円
(3)スマートフォン活用型
 全ト協助成金 3,000円   県ト協助成金 3,000円
対象機器 対象機器一覧
申請書類 ドライブレコーダ機器導入促進助成金交付申請書
 このページのトップへ
 8.ドライバー等安全教育訓練促進助成金 
助成内容 トラックドライバー等に対する安全及び事故防止に関する知識並びに運転技能の向上
等を目的とした全ト協が指定する教育訓練を受講した場合に、その費用の一部を助成
します。
実施案内 ドライバー等安全教育訓練促進助成金交付要綱
助 成 額 (1)特別研修(2泊3日)
 全ト協助成金 受講料の7割  県ト協助成金 5,000円
 ※Gマーク事業所所属従業員の場合は、全ト協助成
(2)一般研修
 全ト協助成金 10,000円  県ト協助成金 5,000円
研修日程 研修場所・日程一覧
申請書類 ドライバー等安全教育訓練申込書・実施報告書
 このページのトップへ
 9.アルコール検知器導入助成金 
助成内容 飲酒運転の撲滅を図るため、アルコール検知器を導入するために要する費用の一部を助成します。
実施案内 アルコール検知器導入助成交付要綱
助 成 額 導入価格(消費税を除く)の1/2以内で一会員50,000円(上限)
申請書類 アルコール検知器導入助成交付申請書
このページのトップへ 
  10.衝突防止警報装置配布
助成内容  重大事故に繋がるおそれがある追突事故等を未然に防止するために、新たに開発された衝突防止警報装置を全会員に1台宛無償配布します。(取付料金を含む)
実施案内 衝突防止警報装置配布要綱 
助 成 額 装置一台当たり50,000円(但し消費税を除く総支払額以内とする) 会員保有車両の50台を上限
対象機器  製造元 ㈱ワーテックス 
商品名 衝突警報システム スマートアイ 
型式  XLAS-101NT
申請書類 衝突防止警報装置導入促進助成金交付申請書
このページのトップへ 
 11.アイドリングストップ支援装置導入促進助成金
助成内容 地球温暖化防止対策のためのCO2等の温室効果ガスの削減及び省エネルギー対策とし
て、新たにアイドリングストップ支援装置を装着した場合、その費用の一部を助成
します。 
実施案内 アイドリングストップ支援装置導入促進助成金交付要綱
助 成 額 (1)エアヒーター・車載バッテリー式冷房装置
 全ト協助成金 120,000円(導入価格(装着費用及び消費税を除く)の2分の1以内
 で上限120,000円)
 県ト協助成金 30,000円
(2)蓄熱ウォームマット
 県ト協助成金 5,000円
対象機器 対象機器一覧
申請書類 アイドリングストップ支援装置導入促進助成金申請書
 このページのトップへ
 12.EMS機器等導入促進助成金 
助成内容 エコドライブを計画的かつ持続的に実施し、その運行状況について客観評価や指導を
一体的に行うエコドライブ管理システムを導入した場合、その費用の一部を助成しま
す。
実施案内  EMS機器等導入促進助成金交付要綱
助 成 額 県ト協助成金 10,000円 (一事業者 年間50台まで)
 対象機器 対象機器一覧
申請書類  EMS機器等導入促進助成金交付申請書
 このページのトップへ
 13.交通環境改善事業認証取得助成金
助成内容 グリーン経営認証取得及びエコアクション21認証取得に係る登録・更新費用の一部を
助成します。
実施案内 交通環境改善事業認証助成金交付要綱 
助 成 額 県ト協助成金(新規登録及び更新に係る審査料並びに登録費用(消費税、交通費・宿泊料を除く)の2分の1)(上限80,000円)
申請書類 交通環境改善事業認証取得助成金交付申請書
 このページのトップへ
 14.エコタイヤ等装着助成金
助成内容 長野県内の会員事業所に登録している事業用貨物自動車を対象としたエコタイヤ装着及び再生タイヤについて装着費用の一部を助成します。
実施案内 エコタイヤ等装着助成金交付要綱
助 成 額 平成27年4月1日以降に新たに購入したエコタイヤ1本当り2,000円とし(助成対象商品別表1参照)、1社当りの助成本数は別表2に定める。
申請書類 エコタイヤ等装着助成金交付申請書
 このページのトップへ
 15.信用保証協会保証料助成金 
助成内容 長野県信用保証協会の信用保証制度を利用して融資を受けた場合、その費用の一部を
助成します。
実施案内 信用保証助成金交付要綱
助 成 額 県ト協助成金
 支払われた信用保証料の2分の1(上限300,000円)
申請書類 信用保証協会保証料助成金申請書
 このページのトップへ
 16.免許取得促進助成金
助成内容 会員の従業員に対し、大型自動車免許を取得させることに要した費用の一部を助成し
ます。
実施案内 免許取得促進助成金交付要綱
助 成 額 県ト協助成金
 (1)中型自動車免許(8トン限定解除)    50,000円
 (2)中型自動車免許    100,000円 ~ 150,000円
 (3)大型自動車免許    110,000円 ~ 260,000円
 (4)大型特殊自動車免許   40,000円 ~  80,000円
 (5)けん引自動車免許           70,000円
申請書類 免許取得促進助成金交付申請書
このページのトップへ 
 17.フォークリフト運転技能講習費助成金
助成内容 労働安全衛生法の規定されるフォークリフト運転技能講習の修了証を取得するために要する費用の一部を助成します。 
実施案内  フォークリフト運転技能講習費助成金交付要綱
助 成 額 県ト協かつ陸上貨物運送事業労働災害防止協会長野県支部の会員の従業員が技能講習
を受講する場合
 県ト協助成金 1人あたり10,000円
 このページのトップへ
 18.近代化基金融資(利子補給制度:会員限定)
助成内容 (1)一般融資
 物流施設整備、近代化のための事務機器の購入、配送センター等に施設する太陽光
 発電設備、荷役機械、車両等の購入資金、CNG車・ハイブリット車及び省エネ機器
 の導入に係る融資に対する利子補給
(2)ポスト新長期規制適合車両導入融資
 最新の自動車排ガス規制である「ポスト新長期規制」に適合する事業用貨物自動車
 の購入に係る融資に対する利子補給
実施案内 平成27年度近代化基金融資公募要綱
近代化基金融資公募要領
公募期間 平成28年4月1日から平成28年12月20日
融資条件
(利子補給)
(1)一般融資
 融資限度額      3,000万円
 融資期間 車両    5年以内
      その他設備 10年以内(法定耐用年数以内)
 利子補給率 0.40%
      (CNG車・ハイブリット車及び省エネ機器 0.6%)
(2)ポスト新長期規制適合車導入融資
 融資限度額   5,000万円
 融資期間    5年以内
 利子補給率   0.60%
取扱金融機関 県内の商工組合中央金庫各支店
長野県信用組合本支店
推薦申込書 長野県トラック協会メールアドレス(infontokyo@naganota.or.jp)宛てに「近代化基金融資推薦申込書希望=○○運輸(株)(会員名)」と記載した空メールを送信願います。
 このページのトップへ
 19.自家用燃料供給施設整備支援事業助成金
助成内容 災害発生時の緊急物資輸送車両に使用する燃料を確保するため、会員事業者の自家用スタンドを活用した給油ネットワークの整備を促進するために、自家用スタンドの新・増設及び改修費用に係る費用の一部を助成します。
実施案内 自家用燃料供給施設整備支援事業助成金交付要綱
助 成 額 (1)軽油供給施設の新増設
 ・容量20kl未満の場合 1,000,000円(県ト協助成金)
 ・容量20kl以上の場合 2,000,000円(県ト協助成金)
(2)軽油専用タンクの改修
 タンク1基当り 300,000円(県ト協助成金
申請書類 自家用燃料供給施設整備支援事業助成金交付申請書
 このページのトップへ
  20.低公害車導入促進助成金  
助成内容 低公害車の導入を促進するため、CNG車及びハイブリッド車の導入に係る費用の一部を助成します。
実施案内 低公害車導入促進助成金交付要綱
 助 成 額  【CNG車】      
 最大積載量  全ト協助成金  県ト協助成金
 2トンクラス  134,000円  133,000円
 4トンクラス  500,000円  500,000円

 【ハイブリッド車】
 最大積載量  全ト協助成金  県ト協助成金
 2トンクラス  97,000円  96,000円
 4トンクラス  335,000円  335,000円

※詳しくはこちらをご覧ください
[別表1、2] 参照
申請書類 複写式専用書類がありますので事務局へお申し出ください。
 このページのトップへ
 21.その他の助成金
助成内容
実施案内
1)経営診断受診促進事業助成金
2)中小企業大学校講座受講促進助成金
3)会員外に対する助成金
実施案内 1)経営診断受診促進助成金交付要綱
2)中小企業大学校講座受講促進助成金交付要綱
3)会員外に対する助成金交付要綱
 助 成 額 各要綱をご覧ください
申請書類 県ト協事務局へ、ご連絡下さい。
 このページのトップへ
  22.ETC2.0車載器購入促進助成金
助成内容
ETC2.0搭載車を対象に、高速道路料金の大口・多頻度割引を継続するために、コーポレートカードを利用する会員が、新しくETC2.0を購入・装着する費用の一部を助成します。
実施案内 ETC2.0車載器購入促進助成金交付要綱要綱
 助 成 額
車載器1台当たり
 全ト協助成金 4,000円  県ト協助成金 4,000円

対象機種 対象機種一覧
申請書類 ETC2.0車載器購入促進助成金交付申請書
 このページのトップへ
  23.健康診断受診費用助成金
助成内容 健康状態に起因する交通事故を未然に防止するため、トラックドライバーが労働安全衛生法に定められた定期健康診断受診費用の一部を助成します。
実施案内 健康診断受診費用助成交付要綱
 助 成 額
運転者1名当たり
 県ト協助成  500円

申請書類 健康診断受診費用助成金交付申請書
 このページのトップへ
 
 Adobe Reader のダウンロード
PDFファイルを閲覧・印刷頂くには、アドビシステムズ社の配布しているAdobe Reader(無償)を右のバナーリンクより入手し、インストールすることが必要となります。
Adobe、Adobe ロゴ、Adobe Readerは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。
お知らせ
2016.12.21 近代化基金融資推薦申込は、平成28年12月20日受託分をもちまして、平成28年度の受付を終了いたしました。
2016.11.18 ETC2.0車載器購入促進助成申請上の留意点について (その4)
2016.10.04 ETC2.0車載器購入促進助成申請上の留意点について (その3)
(購入代金を手形で支払った場合)
2016.08.26 ETC2.0車載器購入促進助成申請上の留意点について (その2)
2016.06.23 ETC2.0車載器購入促進助成申請上の留意点について~申請の方はご覧いただき書類作成願います
2016.05.20 ETC2.0車載器購入促進助成金・健康診断受診費用助成金・低公害車導入促進助成金を
新たに更新しました
2016.05.20 助成金申請に係る注意事項について(必読)
2016.04.01 ETC2.0及び健康診断受診助成金につきましては、5月の理事会後お知らせします。
2016.04.01   「各種助成要綱の一部改正について」を掲載しました。
2016.04.01  平成28年度助成金一覧を更新しました。